注目の西日本ベンチャー100

企業紹介 COMPANY

テクノロジーで働く人をワクワクさせる REMODELA株式会社 代表取締役 福本 拓磨
REMODELA株式会社

テクノロジーで働く人をワクワクさせる

大阪府代表取締役 福本 拓磨

代表者インタビュー

未来のリフォームの当たり前を自分たちでつくりたい

―御社の事業内容を教えてください。

内装工事のクラウドサービス「REMODELA」を運営しております。

建設業はIT活用が遅れている業界のひとつですが、建設労働者数は年々減少しており、ITによる効率化・生産性向上と、若者が参入しやすい仕組みづくりで、業界を活性化させる必要があります。そこで私たちは工務店をクラウドで構築しました。

工事の依頼者は見積、契約、決済までWEBで完結できるようになったため、オフィスや自宅から依頼ができ、多くの手間を削減できるようになりました。

一方の職人はアプリから仕事を拾えるような仕組みを作り、営業や現地調査や資材調達が不要になりました。これにより本業の工事に専念できるだけでなく、単価が上がる、資金繰りが改善するなど、今までよりも働きやすい環境になったと思います。

―起業の経緯を教えてください。

私は一度サラリーマンを経験し、仕事を理由に不幸になる多くの人を見てきました。しかし、たった一度の短い人生を、たかが仕事によって不幸にするのは間違っていると思ったのが起業のきっかけです。

仕事というのは現代社会において避けて通れない事ですが、それならせめて仕事を夢中になれる会社やサービスや組織を創ろうと思っています。そしてせっかくやるなら、1人では解決できないような社会課題の解決や、世の中が今よりもっと良くなることをしようと決めています。

―今後のビジョンをお願いいたします。

短期的には、大阪と東京で事業を成長させ、その後は順次全国の主要都市にREMODELAを展開していきます。

自社サービスだけでなく、金融系、IT系の企業との事業提携をすすめ、ユーザーや業界にとって今よりもっと使いやすいサービスへと成長させます。

長期的には、技術開発に取り組んでいきます。

ちょうど今スマートフォンがARグラスに変わろうとしていますが、そうなれば目視で自宅やオフィスの寸法が測定できる時代が来ます。

どこにいても、どんなリフォームをいくらでするか、誰にお願いしたいか、これらを自由に選択できるような未来を、私たちの会社でつくっていきたいと考えています。

プロフィール

福本 拓磨

経歴

1986年
兵庫県姫路市生まれ
2008年
大学在学中に飲食店を開業
2012年
東京のコンサルティング会社に入社
2014年
一度全てをリセットし、大阪の不動産会社へ入社
2015年
FURUEL株式会社を設立
2020年
REMODELA株式会社を設立

会社概要

ビジョン 未来のリフォームの当たり前をつくる
目標 2024年にIPOで500億円企業、世の中を変えるイノベーションを!
事業内容 ・内装工事のクラウドサービス「REMODELA」
所在地 大阪市北区西天満4-1-11昭栄ビル南館2F
資本金 100万円
株式公開 5年以内に上場予定
採用計画 ・2021年度 中途採用 5~10名採用予定
募集職種 ・APPエンジニア(Flutterアプリ開発)
・ARエンジニア(3Dモデリング技術開発)
・フルスタックエンジニア
・営業(東京のみ)
・経理財務(CFO候補) 等
サイトURL https://www.remodela.jp/
自社のウリ ■不動産、建設、ITを掛け合わせ、時流にあわせた事業を展開
■ココロオドル人をつくる、を理念に掲げ、人の幸せと社会課題解決に挑戦
■ビジョン共感型採用組織のため、自然と仕事好きが集まる強いチーム
  • REMODELAアプリ

    REMODELAアプリ

  • 全体写真

    全体写真

  • SAKEHOUSE

    SAKEHOUSE

採用サイト

※本サイトへの掲載は、法人向けに提供している会員サービスの一つです。なお、掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン(株))は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

このサイトをフォローする

地域から探す

業種から探す

同じ地域の掲載企業

同じ業種の掲載企業

ページ最上部へ