注目の西日本ベンチャー100

企業紹介 COMPANY

不動産、建設業界をアイデアとテクノロジーでアップデートする。 FURUEL株式会社 代表取締役 福本 拓磨
FURUEL株式会社

不動産、建設業界をアイデアとテクノロジーでアップデートする。

大阪府代表取締役 福本 拓磨

代表者インタビュー

震えるほどいいサービス、震えるほどいい会社を創りたい

―御社の事業内容を教えてください。

現在は二つの事業を行っており、一つは宿泊施設の開発をしています。空き家を弊社で買い取って宿泊施設へ転用、その後アセットとして売却します。ただ単に宿泊施設を増やしても面白くないので、施設ごとにコンセプトを設定して、日本文化を体験できるようにしています。そうすることで地域と連携し、日本の伝統技術を世界へ発信できる、という想いのこもった事業です。もう一つは建設テック事業で、施主と職人が直接繋がれるリフォームアプリを運営しています。リフォームは施主にとっては金額も内容も不透明ですが、概要をみえる化することで身近に、一方で職人はいつでも仕事を簡単に受注できる、今までになかった仕組みを提供しています。

―起業の経緯を教えてください。

私は一度サラリーマンを経験し、仕事を理由に不幸になる多くの人を見てきました。しかし、たった一度の短い人生を、たかが仕事によって不幸にするのは間違っていると思ったのが起業のきっかけです。

仕事というのは現代社会において避けて通れない事ですが、それならせめて仕事を夢中になれる会社やサービスや組織を創ろうと思っています。そしてせっかくやるなら、1人では解決できないような社会課題の解決や、世の中が今よりもっと良くなることをしようと決めています。

―今後のビジョンをお願いいたします。

宿泊施設開発事業は、現在は関西で展開していますが、今期中にも全国展開を考えています。私たちは旅するように拠点を変え続け、地方の魅力をもっと世界へ発信する架け橋となる仕組みを構築しようと考えています。

またREMODELA事業に関しては、2020年1月にPMFを終えてサービスの大幅リニューアルを予定しています。そこから大阪東京で一気に成長させます。2025年には、ARグラスを通せば、どんなリフォームがいくらで出来て、誰にお願いするのか、全てがわかる、22世紀の秘密道具を想起させるようなサービスを創るというのが事業構想です。

プロフィール

福本 拓磨

経歴

1986年
兵庫県姫路市生まれ
2008年
大阪市立大学在学中に飲食店を開業。
2012年
東京のコンサルティング企業に入社。
2014年
一度全てをリセットし、大阪の不動産会社へ入社。
2015年
FURUEL株式会社を設立。

会社概要

ビジョン 未来のリフォームの当たり前を作る / 魅力的な日本を世界へ発信する
目標 2024年マザーズ上場で500億円企業、世の中を変えるイノベーションを!
事業内容 ・体験型宿泊施設の開発・運営 
・施主と職人を直接つなぐリフォームアプリ「REMODELA」
所在地 大阪市北区西天満4-1-11昭栄ビル南館2F
資本金 500万円
財務情報 2019年6月期実績 約1億円
2019年6月期実績 約2億円
2020年6月期見込 約6億円
株式公開 5年以内に上場予定
採用計画 ・2020年度 中途5名採用予定
・2021年度 新卒3名採用予定 中途採用 10名採用予定
募集職種 ・システムエンジニア(APP、AI、AR)
・建設工事職人(クロス、大工)
・営業
・経理
・幹部候補 等
サイトURL https://www.furuel.co.jp/
自社のウリ ■不動産、建設、ITを掛け合わせ、時流に乗ったベンチャー事業を展開
■学生インターン含め20代が中心となって活躍し、活気のある雰囲気
■ココロオドルを理念に掲げ、人の幸せと社会課題解決に組織で挑戦
  • REMODELAアプリ

    REMODELAアプリ

  • 全体写真

    全体写真

  • SAKEHOUSE

    SAKEHOUSE

採用サイト

※本サイトへの掲載は、法人向けに提供している会員サービスの一つです。なお、掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン(株))は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

このサイトをフォローする

地域から探す

業種から探す

同じ地域の掲載企業

同じ業種の掲載企業

ページ最上部へ