注目の西日本ベンチャー100

企業紹介 COMPANY

「農業×IT」ベンチャー。クリエイティブに新しい農産物流通を創造する。 株式会社 農業総合研究所 代表取締役社長 及川 智正
株式会社 農業総合研究所

「農業×IT」ベンチャー。クリエイティブに新しい農産物流通を創造する。

和歌山県代表取締役社長 及川 智正

代表者インタビュー

農ではなく農産業!
ビジネスとして魅力ある農産業を確立する

―御社の事業内容を教えてください。

基幹ビジネスは「農家の直売所」事業です。独自の物流×ITプラットフォームを駆使し、全国生産者と提携し、集荷拠点で集荷した新鮮な農産物を、スーパーマーケット等で委託販売する仕組みを提供しています。登録生産者数は約7,000名、店舗数は約1,000店舗です。当社の出荷システムは生産者が農産物の規格にとらわれず自由に生産・出荷し、自ら販売価格や販売先を決めています。このことにより、生産者は所得拡大につながるだけでなく、新鮮な農産物やこだわりをもって生産した農産物を“顔の見える”形で生活者に届ける流通を実現しています。このプラットフォームビジネスを中心に、様々な新しい農業ビジネスに挑戦しております。

―起業の経緯を教えて下さい。

学生時代からの日本の農業に危機感を募らせておりました。このままでは、農業は衰退すると憂い、6年間会社に勤めた後、農業の現場へ飛び込みました。構造疲弊が農業の問題と捉え、3年間生産現場(農家)を、そして、1年間販売現場(青果店)を自分自身で実践しました。実際に現場を経験してみると、双方の現場にギャップがあることに気付きました。この溝を埋めるためには、生産と販売が交わる部分「流通」を改革していかなければならないと考え、現金50万円で設立した会社が農業総合研究所です。人もお金もビジネスモデルも何もないところからのスタートでしたが、農業への情熱が誰よりも強かったからこそ、今があると思っております。

―地域への想いを教えてください。

農業総合研究所は、和歌山県和歌山市に本社を構えています。そして私が社長在任中は、本社を和歌山から移動することはないと断言しています。当社は今まで、和歌山県の人々、行政、企業、風土、気候、立地等から、多大なご支援と恵みを頂戴しました。これに対して会社の発展をもって、その恩に報いたいと思っています。真のグローバル企業は、地方にあり。グローバル企業として、和歌山から世界へ向けて情報発信をしていきたいと思っております。また、当社拠点も全国各地に存在しております。農業ビジネスを通じ、地方を活性化し、地方創生の一翼を担っていきたいと思います。日本を良くする会社が農業総合研究所です。

―今後のビジョンをお願いいたします。

時代を先駆けるスピード感と、リスクを顧みないチャレンジ精神をもって、新しい農業を創造し続けます。国内だけでなく、海外へ簡単に輸出できる仕組みの構築や国内プラットフォームの海外展開、農業だけでなく他の「もの」「こと」にも活用できるプラットフォームを構築していきます。また、生産者側への新しいサービスの提供、既存市場流通のコーディネート等、新たなプラットフォームを創造し、より豊かな世界を実現していきます。農業ベンチャー初の東証一部上場、そして流通総額1兆円を目指します。農業総合研究所は、これからも『Passion for Agriculture~農業に情熱を~』を合言葉に、世界の農業をデザインしていきます。

プロフィール

及川 智正

経歴

1975年
東京都生まれ
1997年
東京農業大学農学部農業経済学科卒業
2003年
会社員経験後(6年間)、和歌山県にて新規就農
2006年
エフ・アグリシステムズ関西支社長就任、産直青果店を運営
2007年
農業総合研究所設立、代表取締役就任

会社概要

ビジョン 持続可能な農産業を実現し、生活者を豊かにする。
目標 人々の心と胃袋を満たす為に、農業が衰退しない仕組みを創造する!
事業内容 ・農家の直売所事業~新しい農産物流通プラットフォーム~  
・農産物流通事業~顔の見える生産者直送農産物の提案~    
・農業コンサルティング事業~農業へ関わるすべての業種へコンサルティング~
所在地 和歌山県和歌山市黒田17-4 シャンドフルーレ2F
資本金 1億9,900万円
財務情報 2015年8月期実績 38億円
2016年8月期実績 55億円
2017年8月期見込 75億円
株式公開 東証マザーズ
採用計画 ・2018年度新卒採用10名採用予定 
・中途20名採用予定
募集職種 ・営業スタッフ(地域支援、店舗支援、集荷・農家支援) 
・経営企画室スタッフ 
・事業企画室(新規事業)スタッフ
サイトURL http://www.nousouken.co.jp/
自社のウリ ■農業への情熱と経営理念
■泥臭さとITの融合バランス
■スピード感があり、リスクを背負い、新しい事業を創造している
  • 集荷場:生産者自らが販売先や<br />価格を決めて出荷。

    集荷場:生産者自らが販売先や
    価格を決めて出荷。

  • 売場:出荷後、翌日には店頭へ。<br />鮮度の良さが大好評。

    売場:出荷後、翌日には店頭へ。
    鮮度の良さが大好評。

  • スタッフ:合言葉は<br />『農業に情熱を!』

    スタッフ:合言葉は
    『農業に情熱を!』

採用サイト

※本サイトへの掲載は、法人向けに提供している会員サービスの一つです。なお、掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン(株))は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

このサイトをフォローする

ページ最上部へ