注目の西日本ベンチャー100

企業紹介 COMPANY

EVスーパーカーを京都から。世界をわくわくさせるクルマづくり GLM株式会社 代表取締役社長 小間 裕康
GLM株式会社

EVスーパーカーを京都から。世界をわくわくさせるクルマづくり

京都府代表取締役社長 小間 裕康

代表者インタビュー

新しい会社が、新しい発想で、世界をわくわくさせる。

―御社の事業内容を教えてください。

GLMはEV(電気自動車)メーカーです。世界中でも極めてまれなオリジナル設計による自動車の量産化に成功し、国内外から高い評価を得ています。2015年には、日本初となるスポーツEVの「トミーカイラZZ」を販売。そして現在、開発を進めているのが次世代EVスーパーカー「GLM G4」です。2016年のパリモーターショーでワールドプレミアを果たすと、その斬新なコンセプトで、大きな注目を集めました。また自社開発のモジュール化したユニットや、開発ノウハウ、そして自動車関連企業・機関との協力関係等を用いて、他社の自動車開発を受託する開発プラットフォーム事業も展開しており、世界から注目を集めています。

―起業の経緯を教えて下さい。

代表の小間は、電機産業向けの人材関連のビジネスを大学時代に立ち上げ、創業9年で年商20億円の規模まで成長させた起業家です。電機産業がめまぐるしく変わっていく時代の流れを目の当たりにするとともに、一流の人材が集まれば成長は青天井であると感じた小間は、その後、電機産業と同じように大きく変わろうとしている自動車産業に注目し、電気自動車の開発、販売を行う企業としてGLMを設立しました。
現在、GLMではグローバルな資金を日本での開発に投下し、日本の最先端技術を用い、世界で通用するEV開発を行っています。

―この地域の良さとは何ですか。

観光都市のイメージが強い京都ですが、世界に名だたるテクノロジー企業が数多く存在することでも有名です。京都にはEV開発に必要な部品を手掛けるメーカーが集積しており、EVづくりのサプライチェーンが整っています。また、トミタ夢工場、童夢をはじめとする、スポーツカー・レーシングカーの文化を生み出した土地でもあります。学徒の街でもあり、柔軟な発想で独創的な研究開発を行う土壌ができています。そして、研究開発の先をみる目線が東京ではなく、世界を向いているのも特長の一つです。世界有数の企業が多く存在するのも、そうした理由の一つかもしれません。

―今後のビジョンをお願いいたします。

スポーツEV「トミーカイラZZ」の発売により、GLMは最初の一歩を踏み出しました。世界で注目を集める次世代EV「GLM G4」の開発、そして、蓄積したEV開発の技術をサードパーティーに提供し、自動車メーカー以外でも自動車づくりを可能にする「プラットフォーム事業」など、多くのプロジェクトが動き出しています。GLMは自社の持つ技術の研鑽とともに、誰もができない、ありえないと思うこと、そんなことを実現できる場を作り上げて行きたいと思っています。自分の能力を限定したくないあなたと、天井や限界を設けることなく、どこまでも挑戦していきたいと考えています。

プロフィール

小間 裕康

経歴

1977年
兵庫県神戸市出身
1999年
㈱コマエンタープライズ創業
2000年
甲南大学 卒業
2010年
GLM㈱設立
2011年
京都大学大学院 修了

会社概要

ビジョン 世界をわくわくさせる体験を。
目標 次世代車両「GLM G4」の開発と販売
ワンストップ開発プラットフォームによる移動デバイスを使った新産業の創造
事業内容 ・EV(電気自動車)の製造、開発、販売
  スポーツEV「トミーカイラZZ」の販売
  次世代EVスーパーカー「GLM G4」の開発
・開発プラットフォーム事業の展開
所在地 京都市左京区吉田本町京都大学VBL
資本金 32億2,914万円 ※資本準備金、資本性ローン含
株式公開 検討中
採用計画 ・2018年度中途採用 15名程度予定
募集職種 ・自動車開発の技術者(EVシステム・パワートレイン開発、ボデー・電装・
 内装外装・シャシー・ドライブトレイン設計)
・総務・プロダクトマネジャー・通訳など
サイトURL https://glm.jp/jp/
自社のウリ 私達GLMは、純粋にわくわくするものだけを造りたい、そんな思いを実現すべく、日々活動をしています。誰もができない、ありえないと思うこと、そんなことを実現できる場を作り上げて行きたいと思っています。
  • パリモーターショーで披露した<br />EVスーパーカー

    パリモーターショーで披露した
    EVスーパーカー

  • 日本初のEVスポーツカー<br />「トミーカイラZZ」

    日本初のEVスポーツカー
    「トミーカイラZZ」

  • 技術本部長の藤墳(左)と<br />代表の小間(右)

    技術本部長の藤墳(左)と
    代表の小間(右)

採用サイト

※本サイトへの掲載は、法人向けに提供している会員サービスの一つです。なお、掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン(株))は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

このサイトをフォローする

ページ最上部へ