注目の西日本ベンチャー100

企業紹介 COMPANY

本当の意味で「良い水」を提供し<br />
人類の健康寿命を延ばす 株式会社アクアバンク 代表取締役 竹原 タカシ
株式会社アクアバンク

本当の意味で「良い水」を提供し
人類の健康寿命を延ばす

大阪府代表取締役 竹原 タカシ

代表者インタビュー

業界の常識を覆す。アクアバンクの描く新しい世界

―御社の事業内容を教えてください。

弊社の主な事業は、「健康寿命を延ばす」をミッションに、ウォーターサーバー「アクアバンク」の製造ならびにレンタル事業を展開しています。
特徴としては、水道水を注ぐだけでミネラル水素水が造れる新発想のウォーターサーバーを定額制で提供していることです。

ところで、良いお水とは一体何でしょうか?
我々が考える良いお水とは、使う人・用途によって変わると考えます。
つまり、使う人・用途に合った「パーソナルウォーター」がその人にとって良い水になるのです。
人間の体内の水は30日間で入れ替わるため、良い水を摂取し続けることが大切です。
そんな中、弊社としては、一人一人のお客様のライフスタイルに合わせた水を提供することを行っています。

―起業の経緯を教えて下さい。

きっかけは、「なぜわざわざ水(飲料水)を買うのだろう?」という疑問からでした。
私の幼いころは水道水を飲むことが当たり前だったため、水を買うという行為を不思議に思ったのです。
そこで、水道水を飲まない原因を調べてみると、水道水は人体に害のある物質を含んでいるということが分かりました。現代の人はより安全・安心・おいしい水を求めているため、お金を出してまで水を買っているのです。
それならば、その水道水が飲めない原因を取り除くことができれば水道水が飲めると考え、水道水をろ過して、水素を加えた浄水機能付きウォーターサーバーの開発に至り、会社を設立しました。

―今後のビジョンをお願いいたします。

業界トップシェアを目指し、販売台数としては、5年で10万台、10年で100万台を目標としています。
そして、「健康寿命を延ばす」ために主に2つの取り組みを行っていきます。1つは、パーソナルウォーターの提供です。これはお客様の遺伝子検査・ライフスタイルの分析を通じてその人の体質や生活環境に合った、究極のテーラーメイドウォーターを提供するというものです。2つ目は、人々の日常生活に水素を取り込むことです。水素を『吸う』・『触れる』・『入れる』・『飲む』という4つの手法により体内に取り込むことで、全く新しい水素との関わり方を提供します。さらに今後はDNAをキーワードにしたパーソナル野菜の提供など、人々の健康寿命を延ばすために幅広い事業展開を行っていきたいですね。

プロフィール

竹原 タカシ

経歴

1983年
大阪大学 基礎工学部 物性物理工学科 卒業
1983年
磁場・環境制御を利用した鮮度保持開発の研究所設立
1987年
事業化に向け(株)NCAシステムサービス設立
1997年
通信事業に参入。新たに(株)BAJ設立
2011年
飲料水の将来展望から(株)アクアバンク設立

会社概要

ビジョン 健康で寿命を全うするためのインフラ創りに貢献すること。
目標 2018年上場、そして日本を健康にします!
事業内容 ・水道水からミネラル水素水を造るウォーターサーバーのレンタル事業
・用途別、個人別の水質を造るウォーターサーバーの開発事業
・フィルム式水素発生技術の開発及び製品製造
所在地 大阪市中央区博労町1-8-15
資本金 1億6500万円(資本準備金含む)
株式公開 3年以内に上場予定
採用計画 ベンチャースピリットに溢れるメンバー募集 採用随時
募集職種 ・営業職 ・総務職 ・技術開発 ・SV ・海外戦略 ・CFO ・CTO  
サイトURL http://aqua-bank.co.jp
http://suisol.com
自社のウリ ・ベンチャーのフレキシビリティと開発力、創造力を併せ持つ。
・会社のビジョン、方向性を社員全員が共有化し、お客様はじめ関係各位への対応に統一感があること。
・現場の意見を重視した組織運営。
※本サイトへの掲載は、法人向けに提供している会員サービスの一つです。なお、掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン(株))は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

このサイトをフォローする

ページ最上部へ